ラスベガスのお気に入りカジノでの思い出深い瞬間、忘れたくはありませんよね?ご心配なく。そんなあなたにピッタリの解決策をご用意しております!今回ご紹介するコツやポイントをおさえれば、アングルを間違えて恥ずかしい思いをしたり、写真を何枚も撮り続けて時間を無駄にしたりすることは決してありません。ただし、時には写真を撮るのを諦めた方がよいこともあります。なぜなら、カメラを持ってレンズ越しに見ていると、今のこの瞬間を目で実際に見ることを逃してしまうかもしれないからです。もし、お友だちと一緒に来ていて、そのお友だちとは何年も会っていないのであれば、とりあえず写真撮影は一旦止めて、良さそうな撮影スポットを探してみてはいかがでしょうか。カジノは光量が弱い所がほとんどです。そんな所で鮮明かつ精細な写真を撮るにはストロボをフル発光させる必要がありますが、普通の携帯電話ではそれはできませんよね?

ラスベガスの豪華なカジノで思い出を残すには?

まず、一つ目のアドバイスは、エレガントでありながらセキュリティ検査で目立たない、スリムなスマホを用意することです。ここで注意したいポイントとして、いかにも写真撮影か何かに来ましたと言わんばかりに大型カメラを抱えて入場し、それがカジノ運営側に見つかってしまったら、変に注目されてしまいます。数分のうちに気づかれてしまい、退場を迫られる、という残念なことにもなってしまいます。

カジノは、カメラのレンズに対して神経質です。誰もがカメラのレンズが向けられても平気というわけではないのです。写真を撮るときは、スマートな撮り方を心がけてください。スマホでサッと撮って、その後スマホを素早くポケットやバッグに戻すのです。そして、二つ目のアドバイスは、動画撮影に時間をかけない、ということです。すべてを動画で撮影しようと思ったら、写真よりもっと時間がかかってしまいます。動画には大抵、撮影するべきではない場面が含まれているものです。もしそれがネットに流出してしまったら、責任を問われるのは撮影者のあなた自身です。目立たちにくいが画質の良い、小型のカメラを用意するようにしましょう。

あと重要なポイントとして、カメラのフラッシュはオフにしましたか?フラッシュを使って撮影していると、気づかれやすくなります。そうなると大変です。フラッシュをつけっぱなしにするのは、大きな間違いです。周囲の視線があなたに集中してしまうからです。カジノ内では背景が暗いので、鮮明な写真を撮るのは難しいかもしれませんが、だからといってカジノの周囲環境に悪影響を与えるような行動を取っていいというわけではありません。

また、三脚は使用しないでおきましょう。人気カジノ店に行くのに、大型カメラを持っていくのもやめましょう。カジノ内エリアのマナーに反することになります。三脚使用の撮影は、いろいろと厄介な問題を引き起こしてしまいます。

その他のシチュエーションとしては、カジノ内でショーの出演者の写真を撮っていて、その同じ出演者の写真を何枚も撮っていたとしたら、あなたは自分の行動に責任を取らされることになりかねません。警備員の目に留まり、捕まって調べられることになるかもしれません。それらの写真が必要な理由を聞かれ、証拠発見のためにスマホの内容をチェックされるかもしれません。ですから、警備の厳重なカジノでは、そうしたことはなるべく控えたほうがいいです。無理までしてカジノ内の写真を撮る必要はありません。変質者だと疑われるハメになるだけでしょう!

自然な感じでカジノ内を撮影するには、その瞬間に完全に没頭しているように振る舞うことです。周りをジロジロ見ないように!具体的には、次の3つのことに注意してください。ショーの出演者やゲストは撮らないこと、目立つような行為はしないこと、そして、撮影OKのカジノに行って、そこで礼儀正しく振る舞うようにすることです。以上の3つに気をつけなれば、カジノ内での撮影はきっとうまくいくでしょう。ぜひカジノでの一生の思い出を写真や動画におさめてくださいね!