Silver Lake / Echo Park / Los Feliz / Pasadena
Greg Lauren
雑誌”HUgE”の撮影にて、アーティスト/デザイナーのグレッグ=ローレンのアトリエへ。
知っての通りラルフ=ローレンの甥で在る彼は近年、ペインティング、クロージングデザイン、アクティング、そしてフィルムメイキングなど、多彩な才能を各方面に発揮している。
ハリウッドに在る彼のアトリエは三階建ての大きなスペースに、それでも入りきらないくらいの作品が溢れていた。
気取らず屈託の無い笑顔で僕らを迎え入れてくれた彼がオフィスに座って自己の作品について話し始めたとき、彼の眼光の変化に気がついた。
理路整然とした作品プレゼンテーション、情熱のあり方と見せ方、一時間くらい経っただろうか、、彼の話す事に虜になっていた。
別れ際には近い未来の再会を約束して、アトリエを後にした。
アメリカのアーティストに限らず、海外の芸術家は兎角自己の主張をオフェンシブに成らずにアピール出来る様、教育されている。
日本的な奥ゆかしさとは対立する部分だけど、建設的で且つ推進力のある会話を持てる部分にはいつも共感を得る。