Silver Lake / Echo Park / Los Feliz / Pasadena
Lesley Vance & Ricky Swallow

ようやく年始に向けての作品撮りも終え自由な時間が取れたので、11月のオープニングには残念ながら出席出来なかったRicky Swallow & Lesley Vance夫妻の展示を拝見しにHuntington Libaryまで散歩に出かけた。

<http://www.rickyswallow.com/>

<http://www.davidkordanskygallery.com/?n=artists&aid=18>

今回の展示で面白いと思ったのは、現代芸術家の作品を彼等の美術館に展示する事は初めてだと言う事。

Huntington Libraryは名前の通りに図書館と言う訳ではなく、様々な国からインスパイアされた庭園や植物園、そして美術館を含めたまるで広大な自然公園に近い。(207エーカー=837522平方メートル)

この広大な公園と同等の広さの超高級住宅地を廻りに興し、所有していたHenry Huntingtonの元邸宅(今は美術館になっている)に今回Ricky&Lesley夫妻の作品が展示されている。

彼(Sir Huntington)の私的な所蔵物である16〜18世紀のイギリスのアートやレアな書物に並んで展示されたRicky達のアートは、突然に見えて、自然に馴染んでて興味深い。

Rickyの作品は素材も切り口も良い意味で典型的な現代美術で、とても良い新しいインプットを美術館に与えていたと思うし、Lesleyの作品は17世紀のアブストラクト絵画を彷彿とさせるクラシックな趣向も見えるけど、同時にRickyの作品と影響しあっているのか、立体的な絵が素敵だった。

*ちなみに二人の作品をまとめた本が同時出版されている <http://www.shophuntington.org/levariswathu.html>

彼らの様な新しい芸術家の作品も置いてくれる様になると、僕の様な”にわかアート好き”にとっては、”伝統的な美術館”の敷居が少し低くなった気がして、気が楽になるなぁ。

村上隆さんのヴェルサイユ宮殿のときは少し唐突過ぎてびっくりしたけど、こう言った活動の方向性には大賛成かも。